« 恵比寿の休日 | トップページ | マスターピース »

2006年4月24日 (月)

休暇終わり

昨晩は日記の途中で就寝したので、その続きを。

まずはウェスティンホテルの内部から。

P1000179
エレベータホール。エレベータは4基ある



P1000178
廊下。突き当たりの部屋が今回泊まったところ



P1000176
入り口のドアはこのようになっている



P1000134
入り口から部屋の中を望む。左がバスルーム。奥にベッド



P1000138
ソファ。向かいにベッドがある



P1000150
バスルーム。シンクはシングルタイプ



P1000149
バスタブ。シャワールームは独立している。
タオル類は十分揃っている。バスタオル4枚、フェイスタオル3枚、ハンドタオル3枚、ボディウオッシュ用3枚、足拭き2枚、バスローブ2着が用意されていた



P1000151
トイレ。ウォシュレットタイプではない。以前宿泊したエグゼクティブルームのは、ウォシュレットだった。




今回宿泊したプランはエグゼクティブフロアラウンジ利用可だったので、代官山の買い物から戻った後早速利用してみた。
前にエグゼクティブルームを利用したときにはまだこのラウンジが出来ていなかったので、初めての利用だ。

ホテルのHPに結構広いラウンジを作った旨説明が載っていたが、来て見て、なるほど建物の一方全面を利用した大きな場所を確保してあった。
同じウェスティンホテルの、大阪のエグゼクティブラウンジよりも3倍くらいの広さがあると思われる。

午後5時半からはアルコールと軽いつまみ(オードブル)がサービスされる(それまではソフトドリンクのサービス)。鴨ローストオレンジソース添えは、中々美味であった。

ここでは朝食のサービスも行われる。今朝の朝食はここを利用した。ブッフェスタイルで料理は提供される。アメリカンブレックファーストのメニューで、和食メニューは無かった。

さて、ホテルに泊まったときの恒例行事が、そのホテルのペストリーの味を確かめること。
そこで、カフェでケーキを買った。

P1000183
抹茶ムース桜ケーキ。ほんのり桜の香り



P1000187
苺ミルフィーユ。パイはパリパリと、苺は程よい酸味



P1000184
カラメルアップル。煮込んだりんごとカラメルの独特の苦味が特徴



以前冬に来た時はチョコレートケーキ3種を買い、濃厚な甘さの為食べきるのに苦労したが、今回はフルーツが良いアクセントになり、最後まで美味しくいただけた。

昨日はずっと曇天で、夕方には雨が降っていたが、今朝は中々良い天気になって、ガーデンプレイスの中庭をちょこっと散歩した。
ウェスティンホテルは地下でガーデンプレイスと繋がっているので、昨日のような雨降りでも恵比寿駅から濡れずに来ることが出来るのだが、やはり表に出て陽射しの下では開放感が違う。ベンチがあるので、座って読書なんていうのも良さそうだ。

休暇で束の間の非日常を味わった後、現実に戻る為帰宅の途についた。

|

« 恵比寿の休日 | トップページ | マスターピース »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 休暇終わり:

» ウェスティンの泊まり心地 & ホテルレビュー [サンディエガン]
私もウェスティンに泊まりました、という記事をクリップしています。どんなお部屋だったのでしょうか、どんなサービスを受けたのでしょうか、どんな印象だったのでしょうか、とても気 [続きを読む]

受信: 2006年5月 6日 (土) 21時00分

« 恵比寿の休日 | トップページ | マスターピース »